無事故割引について

自動車保険に無事故割引があります。

事故を起こした事がある人と
事故を起こしたことがない人では
同じ等級でも保険料が違います。

それは、「無事故割引
という割引があるからなのです。

無事故割引というのは
どういう割引なのか
解説していきたいと思います。

無事故割引とは?

無事故割引は
事故を起こした事が無い人が
受けられる割引です。

とはいっても

「一度事故を起こしたら
永続的に受けられない」

というわけではありません。

事故を起こしてから
その後3年間事故を起こさなければ

4年目の契約更新時には適応されます。

この割引は等級に比例して
割引率が変わっていきますので
等級によって保険料に影響を与えます。

事故無しと事故有の違いはどれくらい?

無事故割引、事故有割引の差額は
等級によって違います。

20等級で比較すると
19%ほど違いが出てきます。

つまり、年間保険料が10万円だった場合
1万9千円の差があるのです。

ですから、基本の保険料が高い場合は
出来る限り無事故割引を適用して
契約しておく事が保険料の節約になります

また

「無事故を継続する為に
選択肢として保険を使わない」

というのも1つの手段となります。

事故を起こしたからといって
必ず保険を使う必要はありません。

保険を使うと3等級下がりますが
割引率も3等級分下がることになり
更に事故有の割引率になります。

すると、結果的に自腹で修理をした方が
お金が掛からない場合があります

ですから、事故の修理に掛かる費用と
保険料の差を考えて
保険を使うかどうか判断すると良いです。

具体的な例を出してみましょう。

11等級で年間保険料20万の人が
保険を使う場合と使わない場合

8等級 9等級 10等級 11等級 12等級 13等級 14等級
無事故 47% 48% 49% 50%
事故有 21% 22% 23% 47% 48% 49% 50%

(※事故がなければ4年後からは元の割引率になる)

無事故のままにしておくと
3年後は14等級なので50%の割引

保険を使って事故有の8等級になり
3年後は23%の割引

これを保険料に当てはめて計算すると

1年後 2年後 3年後
無事故 10万4000円 10万2000円 10万
事故有 15万8000円 15万6000円 15万4000円


3年間でこれだけの価格差が生じます。
結果的に金額の差は以下の通りとなります。

事故無 306000円
事故有 468000円
差額  162000円

ですから、多少の傷や凹みであれば
自腹で修理した方が結果的には
安く済むことがあります

上記は3年間で計算していますが
20等級までの年月で考えると

もっと大きな金額になります。

特に若い人は年間の保険料が高いので
よく考えた方が良いでしょう。

結局、割引率は基本の保険料に対して
違いが出てきます。

同じ条件で一番安い保険にするのが
重要になってきます

ちなみに、年間保険料が
3万円程度であれば
それほど大きな影響はないですね。

ですから、複数社の保険を比較して
保険に加入する事が大切なのです。