出来るだけ安い自動車保険を探す時

出来るだけ安い保険を探すときは
どうすればよいでしょうか?

特に新規で保険に加入する時は
悩むと思います。

また、20歳前後は
どこの会社も保険料が高いです

しっかり検討する事で
年間の保険料が数万円安く
出来る
事もよくあります。

ここでは、安い自動車保険の
探し方について解説します。

安い自動車保険の探し方は?

安い自動車保険を探す方法は単純です。

それは、複数の保険会社で
見積もり内容を比較する事
です。

自動車保険は付加保険料の違いで
保険料が違います

この付加保険料の料率は
保険会社独自に算出しています。

見積もりを出してみるまで
正確な保険料はわかりません。

ですので、ホームページでは
比較することは出来ないので
一度見積もりを出すと便利です

どうやって見積もりを取るのか?

保険料だけで選ぶのであれば
代理店で保険に加入するのは
やめた方がよいでしょう。

代理店手数料がある分だけ
保険料は高くなります

手数料が無い分だけ
ダイレクト型(ネット型)の方が
安くなる
場合が多いでしょう。

保険料のイメージ
ダイレクト型
純保険料+付加保険料

代理店型
純保険料+付加保険料+代理店手数料

このような理由から
安い自動車保険を探す場合は
代理店を除く必要があります。

まずはダイレクト型の保険で
見積もり比較をするわけです。

ただ、保険会社は20社以上あるので
一社ずつ取っていては
時間が掛かり過ぎます

ですから、ネットで出来る
一括見積サイトを利用します

掛かる時間は大体5分程度で
見積もり比較をする事が出来ます。

見積もりサイトでは
1度に数十社に見積もりが取れます。

もし、加入出来ない場合は
その保険会社からの見積もりは
算出されません

加入出来ない保険会社に
わざわざ問い合わせをする必要も
なくなります。

その時間も無駄にしなくて済みます。

このような理由から
一括見積サイトを利用した方が
メリットが大きいのです。

これである程度の目安となる
保険料を算出する事が出来ます。

それでもまだ保険料が高いと
感じる事もあるでしょう

その場合は補償内容を
見直す事が大切
です。

対人・対物に関しては
無制限にする必要があります。

人身障害補償や搭乗者補償は
今加入している生命保険などと
照らし合わせてみると
ある程度削ることが出来る
でしょう。

車両保険も免責を付ければ
保険料を安くする事が出来ます

ここまで、チェックすれば
安い自動車保険を見つかります。

自動車保険は毎月掛かりますから
よく考えて決めることが大切です。