新規の自動車保険の見積もり金額について

自動車保険は種類(プラン)が
色々とあります。

それによって金額が変わってきます。

つまり、単純に

「新規で契約するといくら掛かるのか」

という質問に答えるのは難しいのです。

ここでは、自動車保険に加入する際の
目安について解説していこうと思います。

金額やプランを選ぶ際には
以下の事をまず考えておきましょう。

年齢条件
一番高いのは「全年齢」で一番安いのは「21歳」となります。

運転する人
本人限定<本人配偶者<家族限定の順に高くなります。

使用目的
「日用・レジャー<通勤・通学<業務」
の順に高くなります。

通勤通学
週5日以上、月15日以上通勤通学に使用する

業務
週5日以上、月15日以上業務に使用する

年間走行距離
走行距離が短い方が安くなる
プランがあります。

車種
車によって料率が決まっているので
それを基準に算定されます。

保険を使う確率が高い車ほど
価格は高くなります。

上記の事を決めておけば
スムーズに保険の契約が出来ます。

具体的に金額を査定してみました

上記で紹介した条件だけでは
あまりピンと来ないと思います。

そこで、新規加入の見積例を
1つ記載しておきます。

車種 トヨタポルテ

条件 安い見積もり 高い見積もり
使用目的 日常・レジャー 業務
走行距離 2000km未満 20000km以上
運転する人 1人 1人
補償する人 35歳以上 全年齢
対人補償 無制限 無制限
対物補償 無制限 無制限
搭乗者補償 500万 3000万
人身障害補償 1000万 1億
車両保険 無し 有り
運転者限定 本人限定 無し
年間保険料 26.900円 111.150円


どうでしょうか?

上記の例では差額が84250円になりました。

月々で考えると約7000円の差が出てくるのです。

同じ年齢、車でも条件を変えるだけでこんなに金額が変わります

年齢は変える事が出来ないのでどうしようもありませんが、
その他の条件に関しては変える事が出来ます。

保険はしっかり掛ければ掛けるほど価格は上がっていきます。

傷害の部分をいくらにするのか?
自家用で使うのか仕事で使うのか?
事故の時にどれくらいカバーしてもらえるのか?

安心と補償を考えれば考えるほど
特約も付けたくなってきますので
ある程度、切り捨てて考える必要があります。

とはいえ、見積もりを出してもらい
内容を確認したからといって
すぐに手続きをしなくても大丈夫です。

気になるのであれば
一番保険料が高い内容で見積もりを取り
そこから必要のない特約などを
削るのも良いでしょう。

また、保険会社で比べてみても
数万円の違いが出てきます

安い保険会社を選び条件もしっかりと決めて
契約すれば
無駄な費用を抑える事が出来ます。

ただ、1つ1つの保険会社を調べるのは大変です。

上記の例は・・・

ネットの一括見積もりを利用して
5分で調べた結果です

しかも・・・

1社だけではなく5社の見積もりを
同時に取る事が出来ました

複数の保険会社を比較して決めるのであれば
一括見積もりサイトを利用すると便利です。