自動車保険の等級というのは
保険を使っても下がらないということが
ケースによってはあり得ます。

保険を使っても
等級が下がらない事故があるので
その辺は知っておきましょう。

自動車保険は使えば原則
等級は3等級下がり
翌年以降の保険料は高くなります。

しかし、保険会社に問い合わせると
使っても等級が下がらない事が
あることを教えてくれます。

実際それは本当で
保険を使えば等級が下がる
カウント事故だけではなく
使っても等級が下がらない
事故があります。

一般的には、自動車保険を使っても
等級が下がらないケースは
まず、ノーカウント事故があります。

ノーカウント事故であれば
保険を使っても等級が下がらず
無事故の場合と同じになります。

保険を使っても
翌年の等級が1等級上がるわけで
これはとても魅力的です。

但し、この場合
ほかに等級据え置き事故や
カウント事故がない場合に
自動車保険の等級が下がりません。

会社によって
ノーカウント事故になる範囲は
異なります。

自動車保険を使う事故が
ノーカウント事故となるのは
大体決められています。

ノーカウント事故となる保険は
搭乗者傷害保険、無保険者傷害保険
人身傷害保険
などです。

ほかにも、弁護士費用等担保特約
ファミリーバイク特約

個人賠償責任保険特約などの
自動車保険が該当
します。

等級すえおき事故の場合
自動車保険を使ったとしても
そのままです。

要するに翌年の等級は
上がることも下がることもありません。

自動車保険は、事故というより
災害や災難といえる理由で
車両保険を使った場合
等級が下がりません。

火災
爆発
台風
洪水
盗難

などの損害で保険を使っても
等級は下がらないのです。

等級プロテクト特約があれば
等級が下がってしまう事故を起こし
自動車保険を使っても
等級据え置き事故になります。

そういう意味で等級プロテクト特約は
付けておきたい特約です。

しかしながら現在は廃止されて
付けることは出来ません。

自動車保険を使うと
保険料が上がると思いがちですが
等級が下がらないこともあるので
確認しましょう。