自動車保険の等級は
場合によっては中断出来るので
よく覚えておくと良いでしょう。

クルマを廃車にしたり
リース業者に返還したり
転勤や留学で海外に渡航する

などの理由があると
自動車保険の等級の中断が適用されます。

この場合は、中断証明書の
発行手続きを取れば良いです。

自動車保険の等級が
中断されることになります。

条件さえ満たしていれば
再び契約する際、中断前の等級が
引き継げることになります。

保険の等級を中断しておける期間は
最長10年あります。

とても有意義な制度ですね。

既に高い等級はもちろん
自動車保険の等級の中断は
7等級であってもお得です。

積極的に自動車保険の等級の中断は
利用すべきです。

割引のある等級は
10年間そのままで再利用できます。

自動車保険は、保険契約が
7等級以上の場合で中断する場合
ノンフリート等級を新しい保険に
引き継ぐことができます。

但し、自動車保険の等級の中断は
一定の条件が必要で
解約日または満期日までに
車を廃車、譲渡、リース業者に
返還していることです。

また、自動車保険の被保険が
他の所有自動車の保険契約に入替後
車として車両入替しないとダメです。

そして、検査証の有効期間満了日時点で
自動車保険の継続検査を受けず
車検証が効力を失っている必要があります。

登録番号標が交付されている自動車は
登録抹消されていないと
自動車保険の等級は中断されません。

車両番号標が交付されている
自動車については検査証か届出済証が
返納されていないと等級は中断できません。

他にも、被保険自動車が盗難されてると
自動車保険の等級の中断には
一定の条件がいります。

海外への渡航で等級の中断する場合は
長期間海外への渡航が必要で
一時的な出国は除かれることになります。

自動車保険の解約日か満期日が

「渡航する日より6か月遡った日以降」

でないといけないので注意が必要です。

中断期間を経て
あらためて保険に加入する場合
中断前のノンフリート等級を引継ぐには
中断証明書が必要です。

ただ、自動車保険の中断理由によって
中断証明書発行に必要な書類や
契約する条件は異なります。

車に乗らなくなった場合
等級が7以上なら
とりあえず自動車保険は
中断にしておくとよいです。

車は手放して乗る予定がないと思っても
自動車保険の中断はおすすめで
なんのペナルティも損もありません。