自動車保険の仕組みを把握しておくと
よりお得にサービスを受けられる
可能性が出てきます。

ただ何となく保険に加入している方
真面目といえば聞こえは良いですが
要領は良くありません。

そこに割引というシステムがあれば
効果的に使うべきであり
それは自動車保険に限らず税金等にも
言えるでしょう。

話を戻しますが
割引といえばやはり等級です。

保険料を最大で半額以上も
安くする事のできるものであり
無事故無違反で過ごす事により
等級は上がっていきます。

ポイントは毎年等級を上げる事ですが
例外的に最初から通常より多く
保険料を割引いて契約できるのです。

そのために、誰から等級を
引継ぎしてもらいます。

自動車保険の引継ぎは
誰でも出来るわけではなく
対象となる人に条件があります。

もちろん保険の引継ぎをした側は
今までの等級を失う事になりますから
また6等級からスタートとなります。

仕組みは簡単なものなので
覚えておくと何かと便利です。

一見するとメリットが薄いように
見える等級の引継ぎですが
これを家族単位で考えてみると
話は違います。

そもそも自動車保険の割引は
等級だけしか存在しない
などという事はありません。

たとえばゴールド免許は
等級と似ていますが持っていれば
無事故無違反の根拠となるため
自動車保険の割引にも期待できます。

また何歳のドライバーが運転するか
統計的に事故率を表した物が存在して
保険の割引に影響してくるのです。

たとえば自動車保険を子供が
親の等級引継ぎで利用すると得します。

親よりも子供の方が保険料は
高くなる可能性が高いからです。

自動車保険の計算は
費用を個人で考えるか
家族全体で考えるかで違います。

家族という単語を頻繁に出していますが
自動車保険の仕組み上等級の引継ぎは
元となる契約者の配偶者や
同居の家族に限られてきます。

赤の他人はもちろん
遠くで下宿している子供の保険は
適用されないので注意が必要です。

ただ、この場合は引っ越す前に
自動車保険へ加入して
等級の引継ぎを済ませておけば
問題無いでしょう。