等級は、自動車保険における
割引システムのうち
最大効果を発揮するものです。

さてこの等級、最大でおよそ6割もの
割引が実現します。

なので、保険に加入したら
可能な限りこれを目指したいです。

しかし誰もが目指せるという訳では
あります。

本来は誰もが目指せるものなのですが
仕組み上どうしても自動車保険が
高くなってしまう人がいます。

簡単にいえば、事故を起こして
保険料を請求する場合は
評価が厳しくなるので
場合によっては割高になります。

等級は6から始まります。

とある方法を使用する事で
6以上の等級からスタートできますが
誰でも対応できるわけではありません。

なので、自動車保険に加入したら
6からと覚えておきましょう。

どうやって等級を上げていくか
その仕組みはいたって簡単なもので
事故を起こさなければ良いのです。

一年間自動車保険に加入したまま
無事故で過ごすだけで

翌年には等級が1上がります。

最短で最大の割引率を引き出すには
免許を取得して自動車を購入して
自動車保険に加入してから
14年連続で保険を使わない事です。

等級は保険を使うか使わないかで
変化するものだと覚えておきましょう。

自動車保険の仕組みはある程度は知っておくべき

自動車保険は車を運転する上で
まず欠かせないものです。

免許証と自動車
そして自賠責保険と自動車保険があれば
とりあえずは安心して良いでしょう。

システム的な話をすれば
保険など無くとも運転はできます。

やはりいざという時の事を考えると
不安が残ります。

もし事故を起こしたら
自分は大丈夫だったとしても
相手に怪我をさせてしまう場合も
あります。

自動車保険を用意していない状況は
非常に怖いです。

自動車の修理費用に治療費
そして損害賠償ともなれば

「数百万円」

という単位の支払いが要求されるため
自動車保険は欠かせません。

しかし、この自動車保険を
適当に加入すると非常に高いです。

毎年の出費となると大変ですから
等級周りの仕組みなどを把握して
少しでも安く自動車保険に加入しましょう。

自動車保険の安さを追求する事は
悪い事である筈がありません。

加入していない状況は0点で
たとえどんな自動車保険でも
加入していれば万が一に対応できます。

しかし自動車保険が高すぎて
家計を圧迫して翌年からは控えては

となっては元も子もないので
安くする仕組みを把握しておきましょう。