自動車保険に限った話ではありませんが
保険は使用する可能性の低い人ほど
保険料が安くなります。

自動車保険で言えば
ゴールド免許を所持している方や
ベテランドライバーがこれに該当します。

「リスクが低いならいっそ自動車保険に
加入しなくても良いのでは?」

と考えたくなりますが
そうはいきません。

事故は自分から起こすものだけでなく
起こされる可能性もあります。

あらゆる自体に対応すべく
用意しておくのが自動車保険です。

無事故で居続ければ等級の割引で
保険料はどんどん安くなっていきます。

しかし、事故を起こすと
来年は保険料が高くなります。

もし事故を起こしても等級を考えると
保険を使用しない方が良いという場合も
出てきます。

自動車保険は事故で等級が下がると
来年の保険料が高くなります。

正しくは

「事故を起こして
保険を使えば等級が下がる」

ので状況次第では
自動車保険を利用しないという方法が
使えるのです。

どういう事かというと

「軽微な損傷であれば
自動車保険を使うより
自費で修理した方が安上がりになる」

という事があり得ます。

具体的にどの程度の額までなら
自動車保険を使わないほうが良いのかは
状況により違うため一概には言えません。

今の保険料にもよりますが
修理代が10万円以内であれば
最終的に損をする可能性が高いです。

自動車保険の等級が上がるのは
1年に1です。

しかし事故で使えば3下がります。

つまり事故を起こして
自動車保険を使う前の状態に戻るには
最短でも3年掛かります。

細かい事をいえば
それ以上かかってしまうのです。

自動車保険の等級が同じ数字でも
事故を起こして下がった状態と
無事故の状態では保険料は違います。

当然ながら事故なしの等級の方が
評価は高くので保険料は安いです。

この事からも無闇に保険を利用する事は
勧められません。

もちろん、割高になっても
保険を使った方が良い事もあります。

常に手持ちが十分とは限りませんから
臨機応変に対応すると良いですね。

自動車保険の保険料は総合的に
どれだけ事故に遭うリスクがあるかで
評価されます。

等級はその一要素に過ぎず
他の部分も含めて判断しなければ
保険料が高くなる事もあるでしょう。

事故をしてしまったら
自分の環境に最適な選択をする事で
保険料を無駄にせずに済みます。