車上荒しのような
被害に遭った場合に
保険を使うとどうなるでしょうか?

通常の事故で保険を使用する場合とは
少し事情が異なります。

保険を使っても等級が下がらないケース
等級据え置き事故というものを
聞いたことがないでしょうか。

文字通り自動車保険を使っても
等級が据え置かれる事故という意味です。

以前は車上荒しも含まれていました。

残念ながら今は等級据え置き事故
というシステムがほとんどなく
1等級ダウン事故として
扱われるところがほとんどです。

それでも通常の事故と比べると
かなり緩くなっています。

実質的な損失が1年分と考えれば
自動車保険使用に対して
そこまで気にしなくても良いでしょう。

もちろん、実際に自動車保険を
使用するかどうかは
損失と支払額をシミュレーションして
得かどうかを判断して決めるべきです。

「1等級ダウン事故なら
自動車保険を使った方が
安いに決まっている」

という話はありませんからね。

少なくとも1年間は
同じ自動車保険に加入していても
今よりも保険料が高くなる事が
決まってしまうのです。

自動車保険を使用する際には
車上荒しだろうと交通事故だろうと
熟考した方が良いでしょう。

保険を使えば、その時点では
出費を抑える事ができます。

しかし来年以降も車を運転するなら
等級ダウンは大きな損失です。

通常の範囲での保険使用は
3等級分を考慮するため
ある程度の額までが計算できるでしょう。

しかし車上荒しの場合は
1等級ダウン事故なので
自動車保険における損得勘定も
少し違ってきます。

車上荒しに遭ったけど
保険を使うのは勿体ないから
と安易に決めてしまう事は勿体ないです。

まずは、どの程度の被害額で
自動車保険を使った時に
どの程度のマイナスなのかを
把握しましょう。

自動車保険は、使えば使った分だけ
保険料が高くなっていきます

と言っても翌年からの話で
今使っている自動車保険が
高くなる事はありません。

「来年から海外に移住する」

という事なら良いかもしれませんが
そのまま保険を契約しているなら
使わないに越したことのないものです。

とは言え大規模な交通事故など
自費で負担しきれないような損害は
躊躇なく自動車保険を使いましょう。

元々が廃車寸前のような車なら
保険を使って修理しなくてもいいので
自分だけであれば使う必要もないです。

しかし、相手側に対する対人賠償は
そうも言ってられませんからね。

保険を使うかどうかは
自分で判断するのは難しいです。

なので保険会社に連絡すれば
細かく教えてくれるので
聞いてみるのが一番です。