自動車保険は、基本的に1年ごとに
契約を結ぶものです。

うっかり更新するのを忘れてしまうと
自動車保険を掛けないまま
車を運転する事になります。

なので、自動更新する設定にするのが
多いのではないでしょうか。

しかし自動更新をしていない場合
当然ですが期限切れになる前に
自動車保険を再契約する必要があります。

保険会社を乗り換える場合には
自動更新はない方が好都合です。

それほど頻繁に変更する予定がないなら
安心を選びたいところです。

自動車保険そのものは契約が切れても
気付いた時に再契約すれば済む話です。

ただ、等級はそうもいきません。

自動車保険に加入している間に関して
有効なものです。

あまり期限切れ期間が長いと
リセットされてしまいます。

自動車保険の等級は
保険自体の期限切れから
8日後にリセットされてしまいます。

ただし、マイナス等級の場合は
1週間の期限切れを放置しただけでは
リセットされません

「保険会社としては、等級がマイナス
つまり、6等級以下の顧客はリスク」

という事になりますから
自動車保険のシステムとしては
当然と言えるでしょう。

マイナス等級がリセットされるのは
期限切れから13ヶ月必要です。

自動車保険の等級1は
かなり割高になってしまうので

『車を乗らずに更新しない』

というのも選択肢の一つとしては
アリかもしれませんね。

もちろん、そこまで下がるという事は
それだけ事故を起こして
自動車保険を使っている事になります。

等級は車両保険などでも
下がってしまいます。

小さな破損なら自動車保険を使わず
自費で修理するというのも
長い目で見ればお得な行為になります。

今、お金ないからという理由で
簡単に保険を使ってしまい
事故などで立て続けに使うという事も
よくありますから。

マイナス等級で保険料がキツイなら
自動車保険の期限切れを待って
別の保険会社に乗り換えることを
検討するのも良いですね。

自動車保険を取り扱う保険会社は
たくさんあります。

料金体系も様々なので
選択次第で保険料が
かなり違ってくる事もあります。

もちろん料金だけでなく
サービス内容も様々です。

一般的に通販型は保険料が安くて
自動車保険の内容はシンプルと
言われています。

反対に代理店型は

『充実した自動車保険の
内容に比例した保険料』

という認識が多く
大まかな選定基準となりそうです。

最近はロードサービスに対応した
通販型の自動車保険も登場するなど
更にサービスが多様化しています。

ただし、等級はどの保険を選んでも
仕様が変わることはありません。

まずは無事故無違反で
より多くの割引を目指す事が大切です。