自動車保険の等級は
できれば維持したいものです。

なので、できるだけ下がらないように
気を付けないといけません。

長年積み上げきた自動車保険の等級は
他の保険会社から切り替えても
等級が下がることはありません。

等級を下げることなく
保険会社を変更できる
等級の引継ぎというものがあり
自動車保険の等級を維持できます。

引継ぎは単に自動車保険の等級を
維持できるだけでなく
ほかにもさまざまなメリットがあります。

自動車保険の等級は
事故や保険使用の有無で変わり
等級数に応じて保険料の割引率と
割増率が決まります。

そして、自動車保険の等級には
所有使用台数に応じて

フリート契約
ノンフリート契約

があります。

フリート契約制度の対象となる
10台以上の契約は少ないです。

なので自動車保険の場合は
ノンフリート契約が多いです。

自動車保険の等級は
下限1等級、上限20等級の等級区分です

はじめての加入は
6等級から開始されます。

そして1年間無事故であれば
自動車保険の等級は1等級上がり
事故を起こすと1件につき
翌年から3等級下がります。

事故を起こしても等級は下がるわけではない

事故を起こしても
事故の内容によっては
カウントされない事もがあります。

その場合は自動車保険の等級は
維持されます。

このようなノーカウント事故の場合
無事故扱いとなりますので
自動車保険の等級は維持され
翌年にノンフリート等級が
1等級上がります。

翌年度に3等級下がる事故は
3等級ダウン事故で
等級は維持されません。

翌年度に1等級下がる事故は
1等級ダウン事故で
同じく自動車保険の等級は
維持されないことになります。

ノンフリート等級制度は
改定がおこなわれています。

自動車保険の等級については
事故ありと事故なしで
割引率が変わります。

事故ありの等級の場合
その係数は等級が下がった分だけの
年数続くことになります。

また、等級すえおき事故が
廃止されたことにより
等級維持はなくなりました。

今は1等級ダウン事故に
変更となっています。

これまで同等級なら
事故の有無に限らず
割引率が一律でしたが
改定されています。

以前は飛び石による破損で
自動車保険を使っても
等級は維持されたのですが
現在は改定されています。

引継ぎは保険会社間であれば
代理店保険やダイレクト保険など
関係なく維持されます。

当然外資系保険会社など
関係ありません