自動車保険の等級については
スピード違反などの違反をした場合
等級が下がるのかが気になります。

その点については安心で
自動車保険の等級は違反しても
免許の点数が減るだけで等級は下がりません。


自動車保険の等級は、違反には関係なく
保険金を使うという場合にのみ下がる

ということになります。

保険金を使っても等級が下がらない
特約もあります。

ただ、違反については
等級には全く関係がありません。

事故を起こして保険金を使っても
等級の下がらない特約があり
使った場合でも下がりません。

若い場合や等級が進んでない場合は
保険会社によって
等級プロテクト特約があります。

そうした特約を契約すれば
事故を起こして保険を使っても
等級を維持できます。

保険料が上がる事はある!

自動車保険の等級は
違反があっても下がりません。

しかし、自動車保険については
ゴールド免許が違反でブルーに変わると
保険料は上がるので要注意
です。

ただ、スピード違反の処分は
行政処分と罰金です。

任意保険とは全く関係ありません。

契約の前年度の事故で
保険金の支払いがあったかなかったかで
等級が増減します。

等級は1から20等級があり
自動車保険の使用がなく
無事故無違反で更新していくと
等級が上がります。

保険料が割引となっていくのが
自動車保険制度であり
事故をたくさんおこす人と
おこさない人を区分けしています。

自動車保険の等級は
違反もなく、事故の少ない人に
差をつけるという仕組みとなります。

1年間無事故で保険金の支払いがないと
翌年度の契約時に1等級上がり
保険料も割り引かれます。

しかし前年度に事故があって
自動車保険の保険料の支払いがあると
3等級下がって保険料は高くなります。

等級は新規で契約した場合は
6等級からになりますが
違反しても下がることはありません。

仮に8等級の人が無事故無違反
で1年間を終えると
自動車保険の等級は
翌年度は9等級になります。

単なる違反ではなく
事故を起こして自動車保険を使うと
8等級から5等級になってしまいます。