等級はどういう仕組みで上がるのか
気になる人もいるようですね。

保険を利用しなければ
次の年は1等級あがり
最大で20等級まで上がります。

6等級から始まるのが普通なので
14年掛けて最大の割引が
受けられるようになるという事です。

保険事故を起こすと
自動車保険の等級は
3等級下がってしまいます。

しかし残念ながら、等級が上がる時は
3ずつ上がるということはありません。

等級は保険事故の場合
3等級下がるのが基本です。

ただ、ケースによっては
1等級しか下がらない場合もあります。

盗難や災害、犯罪に遭ったような場合
損害をこうむるので、等級は下がりません。

等級を上げたくても必要な時は使うべき

自動車保険の等級の上げて
保険料を安くしたいですよね。

等級を上げたる為には保険事故を
ゼロにするよう目指す事になります。

しかし、等級の上がり方が気になって
何があっても保険に頼らないのは
本末転倒です。

保険料が上がるのがキツイからと言って
無理して現金で支払ったりすると
益々生活が苦しくなってしまいます。

結果的に自腹を切った方が安いとしても
場合によっては保険を使うほうが良い事も
あるでしょう。

でも、本当に軽度な事故に関しては
使わない方が良いです。

大きな事故は困りますが
運転を頻繁にしていれば
軽い損害はあるものです。

時には連続して事故をする場合も
あるでしょう。

ただ、保険の特約によっては
軽度の損失に対して
自動車保険の保険を適用した場合
等級が下がらなくできるようにできます。

それは、等級プロテクトという制度で
自動車保険の等級を下げずに済むので

保険会社と相談すると良いでしょう。

自動車保険の等級制度は優良運転手に
優しい制度となっています。

上がり方は1年に1等級上げていきます。

自動車保険の等級は
順調に12等級ぐらいまで行けば
もらい事故などの時に安心です。

かなりの損害を受けて
自動車保険の保険に頼ったとしても
4割引までにし落ちることがありません。

万一の場合、損失を少なくするには
安全運転を心がけ
保険の等級を着実に上げていくべきです。

長く契約すればする程
自動車保険の等級の上がり方はよくなり
等級は高いものとなり
保険料割引率は高くなります。

しかし、保険の等級が上がっても
契約する内容や車種が変更になると
保険料が上がるケースもあります

車を乗り換えた時などは
見積もりを取り直した方が
保険料を節約できる場合もあります。