自動車保険の等級は
当て逃げ事故で保険を使った場合
等級は下がるのかどうか心配になります。

しかし身体の怪我では
当て逃げ事故で保険を使ったとしても
等級は下がりません

ただし、自動車保険の等級は
当て逃げの状態によっては
等級が下がってしまうものもあります。

もちろん、当て逃げしたのではなく
自動車保険の等級維持は
当て逃げされた事故の場合じゃないと
ダメです。

当て逃げ事故で使える自動車保険には
搭乗者傷害保険や人身傷害保険
車両保険などがあります。

これは、自身や搭乗者
マイカーのための自動車保険です。

当て逃げされた場合
搭乗者傷害保険や人身傷害保険を
使用しても等級は下がりません。

こうした場合、自動車保険の等級は
ノンフリート等級制度で定義されている
ノーカウント事故になる
のです。

自動車保険の等級は
当て逃げで事故の被害者になった場合
自分が加入している保険から支払います。

搭乗者傷害保険や人身傷害保険
事故の相手方が加入している
賠償保険から自動車保険の保険金が
支払われます。

当て逃げの場合
相手方が特定できないので
基本的に自分が加入している
自動車保険でないと賄わないといけません。

そう考えると、自動車保険については
搭乗者傷害保険や人身傷害保険に
入っておいたほうが良いです。

車両保険を使う場合は等級は下がる

当て逃げで車両保険を使う場合は
注意が必要です。

自動車保険の車両保険は
当て逃げ事故で使う場合、要注意です。

当て逃げ事故で保険は使えるものの
使うと3等級ダウン事故ということで
等級が3等級下がります。

自損事故でも当て逃げでも
車両保険を使った場合は同じなので
保険の等級は気をつけないといけません。

自動車保険の等級は当て逃げの場合
区別をつけるのが難しいので
そうした判定になってしまいます。

自己申告で良いのであれば
自損事故でも当て逃げと言えますね。

なので、当て逃げ事故でも
3等級ダウンするのです。

しかし、自動車保険の車両保険の中には
3等級ダウンとならない事故もあるので
その点は留意すべきです。

しかし車両保険を使っても
3等級下がらないケースはありますが
1等級はダウンします。

自動車保険で1等級ダウン
事故に当てはまるのは

盗難
いたずら
台風
竜巻
洪水
暴力行為

などです。

当て逃げ事故の場合で
保険の等級が1等級ダウンになるのは

相手の特定と、事故証明書が
発行される必要があります。