自動車保険の等級では
入れ替えということも可能です。

具体的には
所有している2台の自動車の等級を
入れ替えることができます。

ただ、契約済みの自動車保険は
等級の入れ替えはできないので
注意が必要です。

同居している親の自動車と
自分の自動車2台の自動車がある場合
自動車保険の等級の入れ替えは
可能になります。

契約者が別になっている場合
何かの事情で自分の保険の等級を
入れ替えたい場合がありますが
それは可能です。

自分の自動車保険を20等級にして
親の保険を10等級という形で
入れ替えすることができます。

このように、保険の等級の入れ替えは
等級は同居親族間で引き継ぎが
可能だからです。

しかしながら

すでに契約済みの保険の等級は
入れ替えることは通常不可能

になります。

保険の等級の入れ替えは
そのタイミングによっては
可能な場合があるので難しいです。

Aを廃車にして
新しい自動車Cに乗り換え場合

Aの自動車保険をBに入れ替え
Cを新規加入にすることはできます。

子どもが独立などで
自動車を購入する場合に
よく使う方法ですね。

高額な自動車保険を支払うのは
なかなか辛いものがありますので。

そうした場合、別居前に
等級の上がった保険の等級の入れ替えで
子どもに適用させるとよいです。

同居親族間の等級の入れ替えは
どちらかの車を新規に購入乗り換えた
場合のみ
です。

別居の兄弟に譲渡しても
自動車保険の等級継承はできないので
等級は失効することになります。

等級で気を付けておきたい事

例えば、夫婦で2台の車は
もったいないので1台処分する場合
自動車保険の等級で損しないように
気を付ける必要があります。

この場合、良い等級の自動車保険と
処分する車の保険の入れ替えをして
残す方の車の契約をします。

そして、もう一つの使わなくなった
保険は中断の手続きも検討しましょう。

そうすれば、自動車保険の等級は
2台目を所有することになったとき
等級を引き継ぐことができます。

ただ、この保険の手続きができるのは
残す方の自動車の所有者が
問題になります。

入れ替え前の普通車の車両所有者か
記名被保険者またはその配偶者の
同居の親族でないと
保険の入れ替えはできません。

2台それぞれが、夫婦のいずれかの
所有自動車であれば
保険の等級の入れ替えは可能です。

自動車保険の等級の入れ替えの書類は
処分する車の確認書類と
残す方の車の車検証になるので
その辺は忘れずに用意する必要があります。