家族で、たとえば夫婦で
一台の車を乗り回すというのは
珍しくありません。

それぞれ乗る人が
保険の契約をする必要はなく
特約で対応するのが一般的です。

言い方を変えれば
家族で同じ保険に加入している
という事になるでしょう。

さて、突然ですが離婚する場合は
この自動車保険の扱いは
どうなってしまうのでしょうか?

主たる被保険者の扱いは
変わらないかもしれません。

家族限定特約で保険の恩恵を得てると
新規契約しなければならないのでは
と考えてしまいます。

家族限定特約は家族に対して
適用されるものです。

離婚した場合は
保険に署名した被保険者でなければ
新規契約を求められるでしょう。

ただし、子供に関しては
家族というスタンスが
変わる事はありません。

そのままでも大丈夫です。

とはいえ、配偶者限定特約であれば
離婚により子供も別居という形で
新規契約を求められます。

結局、誰が保険を持っているのかを
しっかり確認しておきたいです。

離婚に際して自動車保険の名義変更
つまり等級の引き継ぎはできます。

もちろん離婚が成立する前の話で
同居している家族という
状況を満たす場合
です。

「自分で保険の契約はしていなくて
配偶者の特約で車に乗っていたが
離婚する事になってしまった」

というような状況で
重要な意味を持ってきます。

当然、この時には配偶者が
自分に保険の名義変更を
受諾している必要はあります。

離婚後に配偶者が車の運転をするなら
自動車保険の新規契約が必要ですし
そうした生活状況を踏まえて
考えたい問題です。

結局、離婚後に名義変更は
出来ないという事になります。

新規契約になってしまう
という事になります。

もし、離婚前にこの問題があるなら
名義変更をしておく必要がありますね。

離婚した後であれば
出来るだけ安い保険会社を探して

少しでも保険料を安くするように
調べておきましょう。