「仏の顔も三度まで」

とはならないのが自動車保険です。

二ヶ月連続の未払いで
失効へと繋がってしまいます
から
支払い状況は毎月確認しておきましょう。

さて、多くの方の関心事といえば
失効した際に加入していた保険は
どういう扱いになるのかという話ですね。

厳密に言えば、失効した段階では
契約解除へとは至っていません。

つまり、自動車保険が必ずしも
新規契約になる訳ではない
のです。

しかしモノには限度というものがあり
失効した自動車保険にいつまでも
権利があろう筈もありません。

振込猶予期間が設けられていれば
その間に支払いを済ませてしまえば
良いのです。

それすらも無視して支払いを怠ると
いよいよ契約を解除です。

解除されてしまうと
自動車保険を得るためには
新規契約以外の道はありません。

コツコツ上げてきた等級も
無駄になってしまうのです。

等級によって割引額も
変わってきますから
お金を失ってしまったと言っても
過言ではないでしょう。

まとめますと

『失効した時点では
新規契約にはなりませんが

放っておくと解除され
新規契約しかできなくなる』

という事になります。

ちなみに契約を解除されても
滞っていた保険料が
無効になる訳ではありません。

支払っていなかったものは
支払う義務があるのです。

等級が初期化される上に
保険料も支払わなければならない・・・

まさに踏んだり蹴ったりですね。

月々払いにしているなら
支払いが滞った時点での
迅速な対応が求められます。

通常は、一か月でも滞納が生じれば
保険会社の方からアクションがあるので
気付く事は難しくありません。

もし、保険料が高くて払えないなら
別の保険会社に乗り換えるなどを検討して
新規契約にならないようにしましょう。