保険というサービスに対し
保険料という代金を支払うのは
当然の事です。

自動車保険とて例外ではなく
一年単位でまとめて支払う方もいれば
月賦で支払う方もいるでしょう。

どちらも間違いなく支払れる事が前提で
これを破ると様々な不利益があります。

しかし一度だけ支払いの
期限切れを経験したという程度で失効して
新規契約となる事はありません

ですが、自動車保険の支払いが
期限切れになる回数が
二か月連続の場合は要注意です。

いきなり失効にはなりませんが
二か月連続の遅れで
三か月分の保険料を請求されます。

この督促を無視すると
いよいよ自動車保険が
解約されてしまうのです。

ですから、解約されたくない場合は
この段階で支払いをする必要があります。

ペナルティーはある?

気になるペナルティですが
自動車保険を新たに契約できない
というような事はありません。

残念ながら今の保険は解約ですが
他の保険会社で新規契約は可能です。

しかし、既にお分かりかと思いますが
新規契約になるという事で
今までの等級がリセットされます。

等級といえば自動車保険を
割引くための重要な要素ですから
等級が高ければ高いほど痛いです。

これがある意味では
ペナルティーといえるかもしれません。

仮に、今までの保険料が
年間で15万円だとします。

割引率が30%あったとすれば
年間で4万5千円も
保険料が高くなるわけです。

そう考えると何とかして
払っておきたいところです。

ですから、まずは二か月以内に
何としても食い止めましょう。

因みに、この二か月連続の滞納を
二回繰り返すと次は一年分の保険料を
一括で請求されます。

1年分の保険料をまとめて
支払うのはキツイです。

なので、出来るだけ早く
対応する事が大切です。