自動車保険の使用目的に注意?

自動車保険を新規で契約する際には
色々と悩むことがあります。

その1つに「車の使用目的」があります。

使用目的によって
保険料が変わってきますので
適当に決めてはいけません。

使用目的は3つから選べます。

業務
通勤・通学
日常・レジャー

この中で一番保険料が高くなるのが
「業務」です。

次に「通勤・通学」で一番安いのが
「日常・レジャー」
となります。

じゃあ一番安い日常・レジャーにしよう。

と安易に決めてはいけません。

走行距離や使用頻度により
基準が決まっているからです。

業務
業務目的として年間を通して週5日以上
または月に15日以上使用する。

通勤・通学
通勤通学を目的として
年間を通して週5日以上
または月に15日以上使用する。

日常・レジャー
業務・通勤に該当しないもの。

多くの保険会社は
このような括りになっています。

嘘をついて契約した場合はどうなる?

「業務」で使っているのに
「通勤・通学」にしてもバレないのでは?
と考える人もいるのではないでしょうか。

他には、職業を変えたりすることで
基準が変わる事もあると思います。

当然、嘘をついた申告をしている場合は、
告知義務違反や通知義務違反となる
可能性があります

つまり・・・

事故が起きても保険金が支払われず
契約が解除される場合もあります

ただ、大きい範囲の契約に関しては
事故を起こしても保険金は支払われます。

補償の範囲は以下のようになります。

業務 > 通勤・通学 > 日常・レジャー

例えば、「業務」の契約ならば
レジャー中に事故を起こしても
問題なく支払われる
ということです。

もし「日常・レジャー」の契約なのに
業務で使用して事故を起こすと
保険金が支払われない可能性があります。

ただ、ピッタリ条件に当てはめるのは
難しいので多少の融通は利きます

例えば、日常・レジャーの契約でも

「1週間雨が降り続き
送り迎えをしなければならない」

という場合であれば、
その間に事故を起こしたとしても
補償されます

要するに良識の範囲内であれば
大体は問題ないという事ですね。

使用目的に関しても
各保険会社で内容が違う事もあるので
出来る限り多くの保険会社で
見積もりを取ると良いですね。